心臓のことを考えて中絶手術を受けることにしました

妊娠したのに心臓疾患が発覚

妊娠したのに心臓疾患が発覚とてもショックな出来事手術を終えて

10年前に結婚をしてから、二人の子供に恵まれました。
もう一人欲しいと考えていた矢先に妊娠がわかったのでとても喜んでいましたが、健診を受けたときに心臓に影があると指摘をされました。
実はその指摘は今回だけでなく学生の時にもされたことがあり、少し不安に感じていました。
大学生の時に、大学で開催される健康診断を受診したところ、心臓に影が見えるので気になるようであれば、病院を受診してくださいと言われました。
しかしその頃は大学3回生で就職活動に必死になっていたこともあり、検査を受けるのは後でいいと軽く考えていました。
特に胸が苦しくなるということもありませんし、気になる症状もなかったので急ぐ必要はないと考えたからです。
就職活動がひと段落した後は、卒業のために卒論を書かなければならず、その後は卒業旅行や就職の準備などで忙しく、検査を受けませんでした。
就職する時にも入社の準備として健康診断がありましたが、その時は指摘されなかったので大丈夫だろうと判断しました。
それなのに、今回再び心臓に影があるといわれて不安でしょうがなくなったので、精密検査をすることにしました。
そうしたらやはり心臓に疾患があり、出産は難しいといわれてしまいました。